Y氏の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々に

<<   作成日時 : 2005/08/27 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前にいた合唱団「P」の合宿に参加しました。9月にある朝日のコンクールための曲を練習していて、課題曲はJ.ムートン、自由曲はH.パーセルの曲でした。ムートンはルネサンス前〜中期のフランスの作曲家で、今旭川の合唱団Kでやっているジョスカン・デ・プレとは時代的に近く、似通った部分が多く見受けられました。ここでの練習は合唱団Kの練習にも役立ちそうです。
パーセルはバロック期のイギリスの作曲家なのですが、指揮者曰く「イギリス最大の作曲家」だそうです。これには全く同感で、バッハよりも前の時代(ちょうどバッハの親くらいか)の作曲家とは思えない程洗練された音、豊かな表現力の曲を書いています。これだけ曲が素晴らしいと、それを表現しなければ、という思いは強くなるのですが、なかなかに難しいです。発声が、とか音程がとか、特定の力が必要というよりも、音楽をするための総合力が必要と感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々に Y氏の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる