Y氏の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ワーグナー

<<   作成日時 : 2005/07/29 22:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

層雲峡から帰ってきました。飲みも思ったより早く終わりました。(午前1時30分)
でも朝は本調子ではなく、早めに起きて露天風呂に入るという計画は実行できませんでした。結局部屋でシャワーを浴びて朝食です。今度はゆっくり来たいなあ。

行きの車の中では、ずっとワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」を聴いてました。途切れることの無い旋律、身を焦がす苦しみ、無限の高揚感の表現など、すっかり毒にあてられてしまいました。
これを聴くと後の世の作曲家が多かれ少なかれ必ず影響を受けているのが分かります。ブルックナー、マーラー、プフィッツナーなんかは直系ですが、おとなりフランスでも影響を受けている作曲家は多数います。それほどに強烈な音楽なのです。
ブラームスなんかは影響をうけてないじゃないか、といわれる方もあるかもしれません。(こういう言い方が適切かは分かりませんが、)彼は「アンチ・ワーグナー」つまり、ワーグナーの音楽を強く否定することで自分の音楽の有り様を守ったわけで、それはそれで影響があったと言わなければなりません。(そして、ブラームスはベートヴェンやバッハに回帰しようとした)

というわけで、飲み会のときは頭の中は、上記作品の「愛の死」の無限旋律状態でした。(接待なのに…)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワーグナー Y氏の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる