Y氏の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Nコン全国大会の感想

<<   作成日時 : 2007/01/27 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前から書こうと書こうとは思っていたのですが、
時期を逸してこんなタイミングで書くことに…。

まずは旭川東高校が大健闘ですね。
受賞校の次くらいには来ていたと思います。
旭川東高校は銅賞の学校と「合唱団の
機能性」としてはさほど変わらなかったように
思います。
その上で表現すべきものが、表現できていれば
銅賞取れていたかも、と思いました。

私の勝手な分析では銅賞群は、実際に受賞した
2校と東京の府中西と旭川東かな、と思いましたが、
府中西は自由曲が声の量や安定が求められる難曲。
ヨーロッパの合唱団のような均整のとれた演奏は
日本では大人の合唱団でも難しく、勝負には不向き
だったかも…というところでしょう。
旭川東は優れたテナーのソリストを擁して、気魄の
演奏ではありましたが、譜面どおり、というか、
指揮者の求める表現が、譜面から予想される範疇を出ていない。
いいかえれば聴く前から、「きっとこうやるだろう」ということが
読めてしまう。
逆に宮崎、岡崎の演奏には演奏者の意匠、というか表現に
オリジナリティが感じられ、試合巧者ぶりを発揮していた
と言える。

安積と埼玉栄は、銅賞群の学校の演奏とは明らかに一線を画していた。
まずは合唱団としての機能性が高く、指揮者の様々な要求に耐えうる。
特に安積は細かいニュアンスまで表現ができ、かつそれが「当て振り」的
にならず、全体としてノーブルな演奏となるのは素晴らしいの一言。

旭川東については地元ということで、「がんばってほしい」という気持ちで
いっぱいです。なのであえて苦言。
ある/真夜中/「ん」どこかの星の〜♪
と、「d」の音の前に「ん」という音を入れるのはやめた方がいい。
多分力みすぎです。
これは外国語なんかだと、「ん」Domine〜♪と歌うことになって
しまう。指導者が気付いて直すしかない。
後日行われた合唱祭でも思いっきり、オルバンの曲を
「ん」Daemon〜♪と歌っていた。やばいって、それは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Nコン全国大会の感想 Y氏の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる