Y氏の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イアン・ボストリッジ来日

<<   作成日時 : 2006/11/26 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

所沢公演を聴きに行ってきました。
曲目はシューベルト「美しき水車小屋の娘」。
ピアノはおなじみ、ジュリアス・ドレイク。

所沢の文化施設「ミューズ」は航空公園の広大な
敷地内にあり、とても立派。
画像

私の生まれ育った市(神奈川の某市)は人口は多く、
税収はあるだろうに文化施設にここまで金をかける気概はない。
所沢市民がうらやましい。
画像


ボストリッジはうつむき加減で歌ったり、舞台上を行ったり来たり
しながら、さながら「さすらう水車職人」を演じている風だった。
ホールは1000人規模であったが、ボストリッジの声量は充分。
(でも、実は体調は悪かったらしい)
ボストリッジの表現は、ドイツ歌曲の伝統的な歌い方からすると
だいぶ過剰な気がするのだが、非常に説得力があり、嫌いではない。
ただ、うつむき加減で歌うのは声が下に向かって飛んでしまい逆効果
だったが、彼はそんなことは百も承知であろう。
早い楽章をアタッカで畳み掛けるように続け、緩徐楽章は充実した?テンポで
で水車職人の心のうちをじっくりと表現していた。
素晴らしき70分間であった。
終演後はサイン会。写真撮影禁止につき、建物外からゲリラ的に撮影!
画像

左がボストリッジ、右がドレイク。
ボストリッジは非常に長身(恐らく190cm前後)であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イアン・ボストリッジ来日 Y氏の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる