Y氏の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 留萌の本番

<<   作成日時 : 2006/10/08 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そして本番当日。
朝、風呂で喉の具合を確かめたところ、
全力の80%程度では歌えそうな様子です。
それでも今日は3ステージすべて出る
予定なのでペース配分が必要そうです。
3ステージのみがパート内で上下に分かれるため、
「そこだけは外さない作戦」でいくことにしました。

1ステージ、井上陽水セレクション(信長貴富編)
2ステージ、日本の歌(飯沼信義・平吉毅州編)
3ステージ、おらしょ(千原英喜)
他、アンコール、ロビーストーム

1ステージの陽水は何気に声の消耗度が高く
声が出ない身としてはもどかしい限り。
編曲は「ジブリもの」と似た感じである。
「思い出すために」に出てくるのと共通のものもある。
もう少し何かあってもいいかも、と思ってしまった。

2ステージ、こちらの方が編曲ものとしては真っ当である。
主旋律でないパートにも無理のない旋律が来ており、
歌い手の立場からみると、なかなか秀逸な編曲である。
こちらは結構楽に歌うことができた。

3ステージ、おらしょは「かくれキリシタン」の旋律を作曲者が
合唱曲として、(編曲ではなく)再構築したもの。
無伴奏のため歌のみで勝負しなければならない。
失敗した部分もあるがdiv.部分は何とか(100%で)
歌うことができた。
本番に載っている以上、こんなことではダメなのだが、
どうにか責任は果たせた、という状態。

アンコールは、キリエ(グレゴリオ聖歌)とテルーの歌。
テルーの歌の最後で声がかすれてきた。
ということは、ペース配分的には絶妙であった、といえよう(すいません)。

終演後は市内の飲み屋で1次会。
さっそく演奏会の録音を聴いたところ、問題のdiv.部分も結構聞けるもの
であった。(やや音程に問題あり。)
2次会は増毛の宿にて。
2次会参加者は平均年齢が若く、みな元気だった。

画像

ちなみに私の持ち込んだ日本酒は概ね好評だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
留萌の本番 Y氏の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる