Y氏の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS どうもすいません

<<   作成日時 : 2006/02/07 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝、同じマンション(当然別室)に住んでいる先輩を
乗せて職場に行くことがたまにあります。
私の車でかかっている曲はクラシックが多いのですが、
今日は以下の曲でした。

・タン・ドゥン作曲 「マタイ受難曲〜永遠の水」(2000)

タン・ドゥンは中国の現代作曲家、演奏は作曲家指揮によるものです。
曲の内容はともかく、サウンドとしては典型的な現代音楽。
打楽器が激しく使用され、声楽部も西洋発声だけでなく、モンゴルの
ホーミーやら東南アジアの歌唱法やらが取り入れられた、
とにかく何でもありの曲です。(節操が無い感じすらである)
現代音楽が好きな私が聴いても、「ちょっとやりすぎだろう...」
と感じるようなところがしばしばです。

車に同乗した会社の先輩はひとこと、
「すごい曲だねえ...」とポツリ。

私は自分が始めて現代曲を聴いたとき(高校3年だったか)のことを思い出しました。
確か不快で胃が痛くなった記憶があります。
(曲はリーム作曲、アバド指揮「出発」だったはず)
まあ今となっては余裕なので、若気の至りというか、青春の記憶なのですが...

先輩にも胃が痛い経験をさせてしまったかもしれません。
どうもすいません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どうもすいません Y氏の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる